FUJICANDLE Online Shop

a

1

熱に弱いため、直射日光の当たるところや、熱源の近くでの保管・使用を避けてください。変形の原因になります。

2

キャンドルの芯は、6mmくらいにカットしてください。

3

キャンドルの消し方 芯は吹き消さず、融けた蝋に芯を棒などで倒して、再度起こすことでススや匂いを出さずに消火できます。
(必ず芯を起こしてください。芯が倒れたままだと火がつかなくなります。)

4

キャンドルは1つ1つ違った融けかたになり、蝋がたれることがあります。使用の際は、紙やお皿等にのせ、平らなところにおいてください。

5

火災防止のため、キャンドルの周囲に可燃物がないか(風で干渉しないか)、火の消し忘れ、小児のそばでの使用等、ご注意ください。

最後まで使用したキャンドルは、状態により活用できますのでお気軽にご相談ください。

使い方について判らないことがありましたら、
気軽にご連絡ください。

フォームからのお問い合わせ

page top